新婚旅行!地中海クルーズ体験記

新婚旅行!地中海クルーズ体験記

新婚旅行で嫁さんのかねてからの希望で、地中海クルーズを選ぶことになりました。
とはいっても、わたしは地中海クルーズどころかヨーロッパ旅行さえもしたことが なかったので、今回はまさしく初心者の私が悪戦苦闘しながらクルーズ旅行するまでの 体験をご紹介します。

早速、旅行計画を進めるにあたって気をつけておかなければ
ならない点を2点あげてみます。

  1. 早めにスケジュールをたてて動こう
  2. 旅行費はあらかじめ用意しておこう

一見すると、当たり前のことが書いていますが
かなり重要なので、私の体験を踏まえて見ていきましょう

1.早めにスケジュールを立てて動くメリット

行き先にもよるかと思いますが、クルーズ旅行は人気があります!
特に、ゴールデンウィークから夏場にかけて、早めにとらなければ
予約がいっぱいになってしまい、なかなか取れません。
4月末のツアーだと、2月にはお好みの部屋が取れなかったので
12月、1月には予約をした方が良さそうです

しかも、これは私にとっては落とし穴だったのですが
旅行代理店によってはクルーズのチケットはとれるけど、
セットのツアー航空券がとれずに、航空券だけ別途探さなかったりしなければ
ならなくなるので、要注意です!(私はそのせいで、ツアー航空券をとれる日程に変更しました)
ちなみに、代理店が用意するツアー航空券と通常に
手配する航空券だと、当然ながら通常手配のチケットの方が高くなってしまいます。
私が手配したツアーですと、一人当たり5万円ぐらい高くなっていました。
ですので、経費も抑えたいという方はぜひ、早めに計画をたてて動きましょう!!

ポイント:ツアーの予約は4〜6か月前にとりましょう



2.旅行費はあらかじめ用意しておこう

旅行代理店を通した場合、どの時点で費用がかかるか興味があるポイントだと思います。
私も通常の旅行と同様に、申込み時に一括支払いかと思ってましたが、代理店によっては
前金として先に払い、その後出発1か月前くらいに残金を支払うという分割方式をとっている
ところもあります。
私が申し込んだ代理店は後者の方で、前金をお申込みから8営業日以内に支払うようでした。
クルーズ旅行は数十万とまとまった金額が必要なので、しっかりと支払いについては
調べてからぜひ、お申込みするとよいと思います。

参考ですが、以下嫁と2人分の地中海クルーズ10日間の概算費用です。(2018年2月時点での見積もり)

旅行代金:696,000円
成田空港施設使用料:4,180円
旅行保険サービス料:1,040円
海外空港税(目安):16,000円
港湾税:US$250
政府関連税:US$108
※上記より、前金180,000円を支払いました。

ポイント:旅行代理店に支払い方法を確認しよう