評判上々!カタール航空の旅

評判上々!カタール航空の旅



前回、地中海クルーズツアーの概要もご紹介したところで、いよいよ今回はスケジュールに沿って体験談書き綴っていこうと思います。
まだご覧になっていない方は、ぜひ前回の記事もご覧くださいね!

さて今回は、行きで利用したエアライン「カタール航空」についてご紹介していこうと思います。機内の様子や過ごし方、また中継ポイントとなったドーハ空港のスポット情報などをお伝えしていきます。ヨーロッパ旅行を検討されている方は、ぜひ検討してみてくださいね。

バルセロナまでの道

私が申し込んだ地中海クルーズツアーは往復の航空チケットも込みでしたので、経路は以下のように「成田 – ドーハ – バルセロナ」と決まってました。もちろん、カスタマイズすればバルセロナ直行便もとれたのですが、今回は経費節約ということでツアーパッケージの乗り継ぎ経由の経路となります!エアラインは先ほども挙げましたが、格安だけど5つ星で有名なカタール航空です。バーゲンなど安い時は片道5万円程度でバルセロナまで行けるようです。

往路バルセロナまでの道

さて、気になる所要時間ですが、

成田 – ドーハ間:約11時間
ドーハ – バルセロナ間:約6時間

機内滞在時間だけで17時間も、さらにドーハでは乗継の待ち時間が4時間もありましたので合計21時間とほぼ丸一日移動に使います。乗継時間も午前4時ぐらいでしたので結構、体力も削られ大変ですが後ほど紹介しますが、ドーハ空港は写真スポットやお土産屋がたくさんあって、移動中とはいえ楽しめます。



カタール航空 機内施設

正直、カタール航空はLCCではないですが費用が安いということを聞いていたので、機内設備は大したこともないだろうと高を括っていましたが、よく調べるとカタール航空はANAや全日空など世界9社しかない5つ星に選定されているエアラインで、機内設備も他のエアラインに引けを取らずに充実していました。

ごめんなさい!カタール航空!!m(_ _)m

それでは早速、機内施設や食事などをご紹介していきます。

座席

利用したのはエコノミークラスです!

「金持ち羨ましい〜!」

と搭乗口からビジネスクラスの席を尻目にみながら、エコノミー座席のあるエリアに入ります。シートの配分は3-4-3の座席でやや凝縮された感じです。1つ1つの座席はややシートピッチが狭く感じましたが身長180cmある私でも、問題なく座席につけました。後から調べたところシート幅は18インチ(約46cm)、シートピッチは31~32インチ(約79cm~81cm)と標準サイズのようです。

カタール航空 シート

充実のアメニティグッズ

早速席につくと、アメニティグッズが置いて有ります。パッケージのデザイン性もあり、中身も歯ブラシ、歯磨き粉、アイマスク、靴下、耳栓と充実しています!また、LCCではないので当然ですがピローやブランケットも座席に置いてあります。機内はやや冷房が強いせいか冷えたので一枚羽織るものを用意していると寝るとき寒くないと思います。

充実のアメニティグッズ

エンターテイメントシステム

シート後部に備え付けのモニターとリモコンがあり、映画・ドラマ、ゲーム、地図、ショッピング、音楽など豊富なコンテンツが用意されています。特に映画については、日本語吹き替えの作品もあるので安心して楽しめます。ただし日本語吹き替えがなく、英語や中国語など他言語だけというものもありますのでやや、選択肢が狭まる感じでした。また、カタール航空ならではと思いますがアラビア映画やインド版ハリウッドのポリウッド映画も選択できます。ぜひ、利用した際は試しに見てくださいね!

その他、成田-ドーハ間の航空機内ではモニター横にUSBポートが備え付けられていましたので、携帯なども充電できます。ただしコネクターは持参しなければならないので、あらかじめ手荷物に入れておくと良いと思います。

エンターテイメントシステム

食事

成田 – ドーハ間は、2回食事がでました。
1回目は離陸後、約1時間半~2時間後に、2回目は到着約3時間前運ばれてきました。食事前にメニュー表がキャビンアテンドから配られるのですが、ここでもカタール航空ならではのメニュー表で、英語、日本語、アラビア語の3言語で書かれています。
つづいて食事内容ですが写真にあるように前菜、メインディッシュ、パン、デザート、オレンジジュース、ドリンクと結構、ボリューミーな内容となっています。ドリンクもアルコール・ノンアルコールともに充実しています。この日はソーダ水と赤ワインを頂きました!

また、乗り継ぎ後のドーハ – バルセロナ間では成田 – ドーハ間に比べて走行時間が短いということもあって1回の食事とおやつにパイが運ばれてきます。

▼メニュー
献立表

▼味も良く!美味しくいただけました!
食事

以上、機内案内になりますがチケット代が安いのに他のエアラインに引けを取らない充実した設備でかなりコストパフォーマンスが良いエアラインだなという印象です。ぜひ、中東やヨーロッパに行く際は検討してみてくださいね!ビジネスクラスも他のエアラインより安いようなので、いつか私も乗ってみたいと思います!!



ドーハ空港

最後に乗継ぎの中継地点となったドーハ空港を少し紹介します。
次の便までに4時間もありましたので、暇を持て余すと思いきや空港内のメイン中央ロビーにいくと、目がさめるような大きなテディベアが座っています!思わず写真を撮りたくなるクマさん。空港に訪れるたくさんの方が記念に撮影していました。ちょっと、妖怪じみた感じですが、見慣れてくるとかわいいです(笑)

テディベア

また、お土産屋もたくさんあり、アラビアンチックな食器や置物、かわいいテディベアなど見るだけでもあきません。

そして、特にこの空港で良かったのはフリーの仮眠室が備え付けられているところです!足を伸ばしてゆっくりと休むことができ、おかげさまで、乗継時の疲れが軽減されました。これは日本の国際空港にもぜひ、取り入れてほしいスペースです!

仮眠室

ドーハ空港はたった数時間の滞在でしたが、空港全体も広く綺麗でかなり好印象でした。もし次回、中東に旅行に行く際はもう少し見てみたいと思わせてくれるようなエアポートです。
ぜひ、カタール航空で人気の世界都市へお出かけください。

以上、地中海クルーズ目的地のバルセロナ空港に行くまでのご紹介になります。次回はようやくクルーズのご紹介ができそうです!ぜひ、引き続きごらんくださいね!