初めての決算書の読み方 ~ 財務三表のイメージをつかむ~

初めての決算書の読み方 ~ 財務三表のイメージをつかむ~

本日は決算書を読むことがでるメリットについて、お伝えしようと思います。

仕事をしていながらも、職種によっては自社の決算書をじっくり見る機会がなかったり、そもそも決算書の読み方がわからないなど、少し遠い存在のように感じてしまう決算書。

しかし、読めるようになることで、より大きな目線(経営者視点)で仕事に取り組めることができたり、株など投資をしている場合は今まで見えてこなかったその会社の体質が浮き彫りになり、投資の参考となることもあります。

今回は上記のようなメリットとともに、決算書の読み方がわからないという方のために、数回に分けて決算書の読み方をお伝えしていこうと思います。

とても、難しいように思う決算書ですが、読むポイントを押さえてしまえば、それほど難しくはありません。ぜひ、興味ある方は一緒に勉強してみましょう!

決算書を読むとわかること

決算書を読むとわかること

決算書の中身の話をする前に、そもそも決算書を読むと何がわかるかをお伝えしたいと思います。

細かい部分は後々、ブログにてお伝えしていきますが大枠をお伝えすると、以下2点となります。

決算書に書かれていること

・会社の1年間の成績表
・会社が健全に経営されているかの経営状態

コーギー
コーギー
えっ、たったこの2つなのと思う方もいるかもしれませんが、とても重要な指標となります。

決算書を読めるようになることで、

「CMでよくみかける大企業だけど、数年後には倒産の可能性がある」
「まだ無名だけど、成長が著しい」

など、メディアなどの影響でイメージだけで企業を見ていた人も、客観的に企業の価値を見極めることができます。

上記、企業を客観的に見る目をもつことで、以下のような視点でメリットを得ることができます。

  • あなたが経営者の場合 ⇒ 会社がうまくまわっているかが判断できる
  • あなたが従業員または、転職する場合 ⇒ 会社が倒産せずに、長く働けるかがわかる
  • あなたが株主の場合 ⇒ 投資して儲かるかの判断ができる
  • あなたが取引先・債権者の場合 ⇒ パートナーとして一緒に仕事できるの判断ができる

決算書 財務三表のイメージをつかむ

決算書 財務三表のイメージをつかむ

決算書を読むメリットを押さえたところで早速、その決算書と呼ばれるものをお知らせしていきたいと思います。

押さえておきたい財務諸表は「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュ・フロー計算書」の、いわゆる「財務三表」と呼ばれる書類です。

この3つを押さえておくことで、前述した会社の経営状態や年間の成績を正確に把握できるようになります。

今回は、読み方というよりもまずは、3つの表の概略イメージをつかんでもらうところに注力し、後日詳しく読み方をお伝えしていこうと思います。

ぜひ、ここで決算書の大枠をつかんでみてくださいね。

「損益計算書」のイメージをつかむ

早速、1つ目の「損益計算書」から見ていきましょう!

損益計算書には、企業の1年間の「売上(モノやサービスを売って得たお金)」から、「費用(会社からでていったお金)」を引いて、最終的に得た「利益(儲け)」が書かれています。

ものすごく簡単に書くと以下の式のようになります。

売上 - 費用 = 利益

損益計算書のポイントは、その会社の売上規模と、それに伴って無駄な動き(費用)の大小を伺うことができることです。

売上がいくら大きくても、費用も同じように膨らめば利益が少なくなります。逆に、効率よく費用を抑えることができれば、利益が大きくなってきます。

大事なポイントですので、ぜひ押さえておいてくださいね!

「貸借対照表」のイメージをつかむ

続いて2つ目の「賃借貸借表」について、お伝えします。

漢字だけみると難しそうに見えますが、とてもシンプルです。

賃借対照表には、「資産(現金や原材料、土地建物などの資産)」と、それらを手にするためにかかった「手元(銀行からの借入金や資本金)」が記されています。

人間の身体に例えると、賃借貸借表からは会社がどんな体つき(資産)をしていて、それを支える骨格(手元)がどうなっているかがわかります。

大きな体格(資産)に見えても、レントゲンを通してみると骨がやせ細っている人(借入金が多いなど)は、身体の状態(経営状態)が良いとは言えません。

詳しい読み方は、また別記事でご紹介しますが、実際の賃借対照表は「資産」「負債」「純資産」の3つの項目で示されています。

資産とは、会社の財産。

一方、負債と純資産は、財産を手に入れるための元手にあたり、負債は銀行などからの借入金、純資産は返さなくてもよいお金となります。

これらの関係は、以下の式になりますので、ぜひ押さえておきましょう。

資産 = 負債 + 純資産

先ほど、ご紹介した損益計算書と賃借対照表をあわせて読む込めるようになると、会社のもつ実力をさらに正確につかむことができます。

これも詳しくはまた別記事で、ご紹介しますが、簡単に話すと同じ売上をあげる会社AとBがあったとして、Aは資産が100億あり、Bが資産10億だったとしたら、Bがより少ない資産で効率よく売上を挙げたことになり、経営状況としてはB社がより良好ということがわかります。

このように、損益計算書と賃借対照表をセットで使うことで、会社の効率性やポテンシャルを見ることができるようになります。

「キャッシュ・フロー計算書」のイメージをつかむ

最後は「キャッシュ・フロー計算書」についてのイメージをつかんでいきましょう。

キャッシュ・フロー計算書は、文字通り「キャッシュ(現金)」「フロー(流れ)」を示したものです。

どれだけ仕入れたり売ったりしたか、どれだけ設備などに投資をしたか、どれだけ銀行などから借りたり返済したかの現金の流れを示した表になります。

一瞬、上記だけみると損益計算書にも売上や費用についての項目があるので、必要ないように見えますが、実は「損益計算書」は、必ずしも「実際の現金の動き」を表しているわけではありません。

損益計算書では、例えば企業が製品を納品して、その代金の支払い日が3か月後だとしても、既に支払いがされたものとして売上に記載しなければなりません。これは損益計算書が「モノやサービスが提供された時点で売上や費用が発生する」というルールに従って作られているからです。

そのため、実際の現金の動きを把握するためにキャッシュ・フロー計算書を作って管理しているということになります。

会社の全体の資金繰りを把握することで、「黒字倒産」などを防ぐことができます。

黒字倒産とは?

商品売買の決済は、通常1か月 – 2か月ないし3か月後の決済となり、その間は利益は計上されても現金は入ってこない。その間に経費の支払いなどにより資金繰りが困難となることで、黒字倒産に陥る。

実際にキャッシュフロー計算書では、「営業」「投資」「財務」の3つの活動に分けて現金の出入りを把握します。
こちらについては、また別記事でご紹介しますが、以下3項目に分けてお金の流れを把握します。

「営業」とは、商品やサービスを仕入れたり売ったりする活動。
「投資」とは、設備や工場の拡大縮小にかかる活動。
「財務」とは、銀行などにお金を借りたり返済したりする活動。

まとめ

以上、決算書のイメージをご紹介してきました。

今回、ご紹介した3つの財務諸表を組み合わせてみることで、「収益性」「安全性(倒産しないかなど)」「成長性」の3つの視点から会社の本当の姿が見えてきます。

今後、上記を読み解けるように今回ご紹介した諸表の詳しい見方と分析方法をご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!