ダイエットにおすすめの主食三選

ダイエットにおすすめの主食三選

今回は実際にトライしたダイエットにおすすめの主食3選をお届けします。

ダイエットというと、どうしても炭水化物を抜いて、野菜やフルーツをメインに献立を考えがちになると思います。

しかし、そうはいっても空腹で仕事や勉強などに身に入らないと、日常生活に支障をきたしてしまいますよね。

ということで、今回はそんな仕事や勉強もしっかりとこなして、且つダイエットも成功させたいという方のために、お勧めのダイエット食をお届けします。

ぜひ、参考にして取り入れてみてくださいね。

おすすめのダイエット主食3選

なぜ、3つの主食をご紹介するかというと、ご飯・パン・麵と3タイプの主食を紹介したいからです。

ダイエットは人それぞれではありますが、大きく体重を減らそうと思うと、それなりの期間に渡ってダイエットをしなければなりません。

そうなると、当然食事もずっと同じものを食べてくると飽きもきて、長続きするのが難しくなってきます。

コーギー
コーギー
そんなダイエットしているのに、食事が飽きるなど言ってて、根性がない奴って思うかもしれませんが、実際にトライすると結構、辛いのも現実です。

そんな、私のように食事の飽きが耐えられない方のために、ぜひ、これから紹介する主食を上手に取り入れてみてくださいね。

ダイエット主食 ご飯編

玄米

こちらは取り入れている方も多いと思いますが、ダイエット食のご飯といえば玄米です!

玄米は白米と比べて腹持ちが良いので、食事量を減らすのに効果的です。

さらに、玄米が良いのは食物繊維が豊富で、咀嚼回数を多く必要とするため、少量でも満腹中枢が刺激され満足感を得られます。結果、炭水化物の摂取が少なくなるため、ダイエットに最適なフードとして挙げられます。

また、食物繊維が多いということで、便秘解消などの効果もあり健康増進にもお勧めな食べ物となっていますので、ぜひ取り入れてみてくださいね!


[Amazon]Happy Belly 玄米 北海道産 農薬節減米 ななつぼし 5kg 平成29年産

ダイエット主食 パン編

ライ麦パン

昔と違って日本人はお米よりもパンを主食にしている人が多くなっています。そんな状況を考えると、パンを食べるなと言われるのは、結構きついと思います。

そこで、どうしてもパンを食べたいという方に、おすすめなのが“ライ麦パン”です。

食パンなどの小麦を原材料に使ったパンは「グルテン」という成分を含んでおり、その成分が血糖値を上昇しやすくし、体に体脂肪が付きやすくします。

一方、ライ麦100%のパンは、「グルテン」という成分を含んでおらず、血糖値が緩やかに上がるため糖質が体に蓄えられにくくなり、結果ダイエット効果を得られやすくなります。

ただし、このライ麦パンも注意が必要です。

ライ麦パンは糖質だけを考えると、小麦のパンとほぼ変わりません。

パンの100g中に含まれる糖質
ライ麦パン:約47.1g
食パン:約44g
フランスパン:約54.8g

ですので、ライ麦パンを主食に入れる時の注意点として、以下2点を注意したうえで取り入れて見てください。

・一食での摂取はパン1枚
・ライ麦50%以上のライ麦パンにすること

特に、大事なのはライ麦50%以上のパンを手に入れるということです。小麦成分が多く含まれると、先ほどのグルテンや糖質が高くなってしまうので、必ず守るようにしたいです。

実際、私の嫁はライザップのように「one to one」で体質改善をするジムに通っているのですが、食事指導のときライ麦50%以上のものを推奨しているようです。

ちなみに、ライ麦100%のパンは酸味が強いので苦手という方もいるかもしれないので、50〜100%の間で検討してみてくださいね。

一番大事なのは、継続できるかだと思いますので、ぜひ、パン食を取り入れる場合は参考にしてみてくださいね!


ライ麦全粒100%パン・・・混じりけなし、ライ麦全粒粉が100%で、酸味が少なく、とても食べやすいパンが実現しました。Rye whole grain 100% bread 黑麥全麥100%

ダイエット主食 麺類

こんにゃく麺

最後の主食紹介として麺類になります。

ダイエットで一番おすすめな麺類は、こんにゃく麺になります。

こんにゃく麺は文字通り、こんにゃくを原料に使った麺で低糖質で炭水化物の成分量も少なく、ダイエットに最適な食品です。

特に糖質については、最近は全く入っていない0のモノもあるようで、かなり低カロリーに抑えているといってよいでしょう。

また、通常のうどんのように温めて食べるのも良し、サラダうどんのように冷麺として食べるのも良く、調理のレパートリーも広がる一品になります。

ただし、油断してこんにゃく麺でラーメンなどを作ってしまうと、スープやトッピングでカロリーを摂取してしまったということになって、ダイエット効果が得られにくくしてしまう場合もあるので、全体のバランスを考えてレシピを作ってみてくださいね。

その他の麺類でも“十割そば”などが、よくあげられますが、意外と炭水化物の成分量が50g以上と高めだったりします。他の麺類を検討するときは、しっかりと成分を見て炭水化物や糖質が高くないかなどを確認したうえで摂るようにしましょう。


ダイエットこんにゃくラーメン(蒟蒻ラーメン)等こんにゃく麺お試しタイプ・12種類セット

まとめ

以上、ダイエットにおすすめの主食三選をご紹介しました。

冒頭でも書いたように、ダイエットで一番大事なのは無理なく、そして継続していけるかどうかだと思います。

健康を害してまで、ダイエットをするのは本末転倒になってしまいます。

ぜひ今回おすすめした主食をしっかりと取った上で、仕事や勉強などダイエット以外でも日常で大切にしている活動を疎かにせずに、頑張って行ってくださいね。

・主食を取り入れて、健康的に痩せる
・主食は糖質、炭水化物など成分を気にしながら、過剰に取りすぎないように注意する
・食事だけだとダイエット効果が薄いので、適度に運動を取り入れる