口腔ケア 〜一時しのぎの口臭対策をしてませんか?〜

口腔ケア 〜一時しのぎの口臭対策をしてませんか?〜

突然ですが、皆さんはガムや飴、リステリンなど一時しのぎの口臭ケアをしていませんか?

今回は根本から口臭を無くしたいという方のために、おすすめの口腔ケアのお話をお届けします。

口腔ケアというと、一番に思いつくのが歯や歯肉のケアを思い出しますが、今回は舌のケアについてお伝えします。

一見、ケアをする必要があるかどうか疑われる舌ケアですが、舌は味覚を司る器官だけあって、とても繊細で汚したままにしておくと、様々なデメリットがあります。

今回は、そんな舌ケアをすることのメリット、しなかった場合のデメリット、そして舌ケアの仕方などをお届けしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

舌のケアの必要性

朝起きて、鏡で自分の口の中を見ると、舌の表面に白い苔(こけ)のようなものが付着していることはありませんか?

この苔のような汚れが「舌苔」(ぜったい)と言われるものです。

舌苔は、様々な種類の細菌や古くなった口腔内の粘膜、食べ物のカスなどの汚れが溜まったものが表面化したものになります。

いかにも、健康に悪そう「舌苔」(ぜったい)ですが、これを放置していくと、どうなるのでしょうか。

以下、放置した場合のデメリットになります。

舌ケアをしない場合のリスク

口臭

舌苔は古くなった口腔内の粘膜や、食べ物のカス、細菌などからできているため、硫黄水素を発生させ、口臭の原因となります。

もちろん、ケアしていてもある程度は付着しているものですが、量が多くなることで人にも感知できるほどの口臭となります。

舌苔は、飴やガムはもちろん、リステリンなどでも取れにくいので、口臭を根本的にやっつけたい方は、ぜひこれからご紹介するケア方法を見てくださいね!

誤嚥性肺炎のリスク上昇

舌苔の最も大きな原因は細菌です。

その細菌を溜まっている状態で、唾液とともに細菌を誤嚥し、肺などの器官にはいることで誤嚥性肺炎のリスクが高まります。

ちなみに日本人の高齢者の死因ベスト3は、肺炎での死亡が多いので若いうちから、しっかりと舌ケアする習慣を身につけておいた方がよさそうです。

口や喉のガンのリスク上昇

舌の表面にできる白い汚れ「舌苔」が多い人は、口や喉のがんの原因になるとされる化合物「アセトアルデヒド」の口中濃度が通常の人よりも約3倍も高く、その分ガンのリスクが高まります。

こちらも肺炎同様、死因となる病気ワースト3となっています。ぜひ、舌ケアをして予防をしておきましょう。

舌苔(ぜったい)の原因とケア方法

舌苔(ぜったい)の原因とケア方法

舌ケアの必要性を感じていただいたと思います。

次に舌苔を作ってしまう原因を確認し、ケア方法をご紹介したいと思います。

舌苔(ぜったい)の原因

この細菌の塊である舌苔が、異常に増えてしまう原因はさまざまですが、以下が主な原因と考えられています。

  1. 唾液量分泌不足
  2. 免疫力の低下
  3. 口呼吸
  4. 歯磨きの不足
  5. 喫煙
  6. ストレス
  7. 加齢
  8. 全身的疾患
  9. 薬の副作用
  10. 新陳代謝の低下

加齢や全身的疾患などは、なかなか防ぎようないと思いますが、喫煙やストレスなどは、ぜひ生活習慣を見直すことで対応できる事もありますので、ぜひ気をつけてみてください!

舌のケア方法

先ほどお伝えしたように舌苔は、どんな人でも必ず多かれ少なかれ、分泌しています。

そういったことを考えると習慣的に誰しもが取り組むと良いケアになるので、ぜひ生活の一部に取り入れてみてくださいね。

舌ケアブラシ

早速ケア方法をご紹介していきます。

舌ケアをする際、舌専用のブラシが必要になります。

コーギー
コーギー
歯ブラシじゃ、ダメなの?

と思われる方も多いと思いますが、歯ブラシで舌をこすってしまうと逆に汚れを舌に押し付けてしまったり、舌を傷つけてしまい、返って舌苔が増えてしまうことになるので注意が必要です。

上記のような、リスクを回避するためにも、ぜひ舌ブラシを手にいれましょう。

舌ブラシには、大きく分けると以下、2種類があります。自分の舌の汚れに合わせて適した舌ブラシを選びましょう。

ブラシタイプ

舌ブラシ W-1 (ダブルワン) (色はおまかせ)

まるでモップのような形状のものが多いですが、優しく舌をケアできるよう極細の繊維がついている舌ブラシになります。

歯ブラシのような硬い毛ではなく、とても柔らかいブラシでできてい舌を傷つけることなく、舌の溝の奥深くから舌苔を取り除いてくれます。

口臭がとても気になる方は、ブラシタイプがおすすめです。

また、舌苔を取った後、ブラシにごっそりと舌苔が付着しているので、よく洗浄して使うようにすると良いです。

ヘラタイプ

ののじ ソフト舌クリーナー「舌も! 」専用ケース付・グリーン

ヘラタイプは、まるで水切りのように舌の表面の汚れをそぎ落とすタイプです。

私も実際、試してみましたがごっそりと白い舌苔が取れて、除去した手応えがあります。

ただし、ブラシタイプほど舌の奥深くの汚れを落とすことはできませんので、舌苔の量が少ない方におすすめです。

こちらも、シリコンなどの柔らかい素材で作られているため、舌を傷つけることなく舌苔を取り除いてくれるので安心です。

以上、2タイプの舌ブラシを紹介しました。

ケアする頻度としては、1日1回で十分なので、歯磨きと一緒に習慣づけができれば、そんなに面倒ではないのでぜひ、試してみてくださいね。

まとめ

口腔ケアというと、歯磨き一辺倒になりがちですが、今回ご紹介したように歯と同様に毎日使う舌のケアの重要性がお分りいただけたかと思います。

人間の体で、外部の異物を積極的に体にいれる臓器は基本的に口以外はありません。だからこそ、より口腔内を清潔に保ちつづけることが、細菌などの外部からの侵入者を防ぐもっとも効果的な方法となります。

ぜひ、健康な毎日をおくるためにも、今日から舌ケアも取り入れてみてくださいね!