香川観光 観音寺市で聖地巡礼の旅

香川観光 観音寺市で聖地巡礼の旅

今回は、香川県観音寺市の魅力についてお伝えしようと思います。

私が観音寺市に訪れた理由については、前回の記事でご紹介しましたが、かなり私的な理由なので興味がある方だけ、よければ前回の記事をご覧くださいね。

さて、今回は前回の話の流れとは別に、観音寺市の観光情報についてお届けします。もちろん、メインはお参りなのですが、行ってみるとお参り以外でも、かなり魅力あふれる街だということがわかりましたので、お伝えしようと思います。

ぜひ、香川観光に行く際は参考にしてみてくださいね!

高松空港から観音寺市へのアクセス

目的の観音寺市ですが、香川県北西部の海の見えるとても綺麗な街です。

高松空港からの行き方ですが、以下の順路で行くと比較的行きやすいと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

高松空港 – 丸亀駅
※リムジンバス 丸亀行きにのります。
費用:1,200円
所要時間:約1時間

丸亀駅 – 観音寺駅
※予讃線 観音寺行き(普通)
費用:550円
所要時間:約1時間

聖地!『結城友奈は勇者である』を楽しめる街

結城友奈は勇者である

ファンには申し訳なかったのですが、私は『結城友奈は勇者である』を知らずに観音寺市を訪れてしまったため、行ってみると町中に『結城友奈は勇者である』のポスターが並んでびっくりさせられました!

あとから、調べたのですが『結城友奈は勇者である』の舞台である香川県讃州市(さんしゅうし)は、香川県観音寺市をモデルに作られたことから、観音寺市とコラボレーションイベントをしていました。

『結城友奈は勇者である』とは?

Studio五組制作による日本のテレビアニメ。略称「ゆゆゆ」。
本作品はタカヒロ企画・原案による「勇者であるシリーズ」の第2弾であり、同シリーズ第1弾『鷲尾須美は勇者である』の2年後の物語である。物語の舞台となる香川県讃州市(さんしゅうし)は、同県観音寺市がモデルとなっている。主要な登場人物は全員とも香川県の特産であるうどんを好物としている。世界観は古事記を基にした日本神話や神道を強く取り入れたもので、作中での祝詞の使用や和風デザインの勇者装束に表れている。

参照元:wikipedia「結城友奈は勇者である」一部抜粋

街の各所に、観音寺市の観光スポットとコラボレーションしたポスターがはってあったり、自動販売機のデザインに採用されていたり、さらに街に流れるBGMがアニメ主題歌が流れていたりと、私のようにアニメを知らなかった人でも、自然と興味を持たせてくれました!

観光案内所に行くと、全てのポスターが見れたり原作者のサイン入り色紙などが飾られていたりなど、ファンにとっては嬉しい展示があります。

ぜひ、行く前にアニメをチェックしましょう!!!

訪れた際、より楽しさが倍増すると思います!
※私は帰ってから、猛烈にチェック中ですwww

結城友奈は勇者である

七宝山 神恵院 観音寺でお参り

七宝山 神恵院 観音寺

四国霊場88ケ所の内の68番目の霊所「神恵院」と69番目の霊所「観音寺」が、同敷地内に2つの霊所があるという珍しいお寺になります。

お寺の由来としては、大宝3年(703年)に、日証上人が琴弾八幡宮の別当として創立。

安置している聖観世音菩薩像は、弘法大師が琴弾大明神が乗っていた神船が神功皇后とゆかりがあり、観音の化身であると感得し、本尊として祀っていると言われています。安置している観音寺金堂は、国の重要文化財にもなっています。

こじんまりとした金堂ですが、それが返って清浄な感じがする建物です。

前回、ご紹介したように重い罪でも、観音様の慈悲の力で引きあげさせてくれると言われているので、過去の過ちを償い新たな気持ちで日常を過ごしたいという方は、ぜひお参りすると良いかもしれませんね。

観音寺

また、敷地内には大きな老木があり、古から脈々と聖地として祀られている雰囲気を堪能することもできました。

ちょっと、おまけ情報になりますが、敷地内にある梧桐庵(ごどうあん)という軽食も食べれる喫茶店があり、そこのゆばカレーうどんが、とても美味しいので、立ち寄った際はぜひ、食べてみてくださいね。

ちなみに、市内は私が見つけれなかったのかもしれませんが、食事するところが少なかったように見受けられますので、ここでしっかり食べておくのも良いと思います。

七宝山 神恵院 観音寺
〒768-0061 香川県観音寺市八幡町1丁目2-7
公式HP:http://www.shikoku88-6869.com/

観音寺市が一望できる!琴弾八幡宮

観音寺参拝を後にして、次なる目的は琴弾八幡宮です。

実は、観音寺から歩いて10分も歩かないうちに琴弾八幡宮に着いてしまうということで、観光客にとっては周りやすくて助かります。

ただし、ここからがちょっとキツイです!

なぜなら、琴弾八幡宮の本殿に行くにはなんと、378段もの石段を登っていかなければなりません。

琴弾八幡宮

普段の運動不足のせいか、結構息切れをしながら登頂しました(笑)

苦労して登ったかいがあり、本殿から周りを見渡すと観音寺市の風光明媚な景色が一望できて、とても清々しい気持ちになります。

もちろん、お参りもしっかりとしましょうね!

琴弾八幡宮

琴弾八幡宮
住所:観音寺市八幡町1-1-1
HP:観音寺市ホームページ

お金に不自由しなくなる!?銭形砂絵

銭形砂絵

さて、琴弾八幡宮の参拝も終わり次なるスポットをご紹介します。

琴弾八幡宮の本殿裏側から少し下っていくと、パワースポット「銭形砂絵」を見に行くことができます。

「銭形砂絵」ですが、写真にあるように有明浜に砂で大きく描かれた「寛永通宝」モニュメントとなります。

コーギー
コーギー
とにかく、でかい!!
何??このお金!?

という具合に、びっくりさせられます。
ちなみに大きさは東西122m、南北90m、周囲345mもあるそうです!

このモニュメントが作られた理由は、寛永10年(1633)藩主、生駒高俊公を歓迎するために、一夜にして作られたといわれます。

藩主も、きっとびっくりしたでしょうね!www

また耳よりの情報ですが、この銭形を見たものは健康で長生きができ、お金に不自由しないと伝えられており、実際に銭形を見て宝くじを購入した人が高額をあてたことから金運スポットとして知られているようです!

ぜひ、お金に不自由したくない方は一度、見に行ってみてくださいね!!!


まとめ

以上、観音寺市の観光スポットをご紹介しました。

古からの神社仏閣が根付いている聖地、そして『結城友奈は勇者である』の舞台になったアニメの聖地でもあった観音寺市は、行くだけで元気にしてくれるパワースポットでした!

実は、今回私は日帰りの強行軍で行ってきたということもあり、全てのスポットに行くことができなくやや心残りという感じでした。

ポスターにある有明浜や、伊吹島などまだまだ見どころがあるので、ぜひ次行く機会があれば行ってみたいと思います。

香川県観音寺市は、パワースポットが凝縮された観光スポットになりますので、ぜひ香川県に行く際は立ち寄ってみてくださいね!

こうして私は香川県 七宝山観音寺に行くことにした