新横浜 ラーメン博物館 〜タイムワープで楽しむラーメン巡り〜

新横浜 ラーメン博物館 〜タイムワープで楽しむラーメン巡り〜

こんにちは旅するクリエイターコーギー(@corgi_ikeda)です。

今日は、新横浜にある新横浜ラーメン博物館に行ってきましたので、おすすめのラーメンはもちろん、博物館の楽しみ方もご一緒にお伝えしようと思います。

ラーメン好きの方は必見になります!

東京・横浜に旅行する際、ぜひチェックして検討してみてくださいね!




新横浜ラーメン博物館の行き方

新横浜といえば、新幹線も通っており遠くから旅行に来る際もとても、便利な地域です。

さて、今回お目当のラーメン博物館は、そんな交通便利な「新横浜駅」より歩いて、約5分ぐらいのところにあります。

博物館といっても、外装は普通のビルのような感じです。目印となるのが、以下写真にあるラーメンの立て看板です。この看板アミューズメントパークらしくハシと麺の部分が動いて、ちょっと面白いですね。

新横浜ラーメン博物館 地図

ラーメン博物館までたどり着きましたら、早速チケットを購入します。以下、料金になります。アミューズメントパークとしては、安いほうではないでしょうか。

横浜ラーメン博物館 1日入場券
大人 (中学生以上):310円
小人 (小学生):100円
シニア (60歳以上):100円

ラーメンの歴史を探りに昭和33年にタイムワープ

館内に入ると、受付がありその横にはずらっと過去のラーメン情報誌が並べられています。私もそうですが日本人ってつくづくラーメン好きということが感じられます!

その他にも1階はお土産ショップと、ラーメンの歴史が紹介されているパネルブースになっています。ラーメンの歴史も一通り見ていくと、室町時代までさかのぼり、なかなか興味深かったです。

さて、ラーメンの歴史も興味はあるも、お腹の方がゆっくりと見ることを許してくれません(笑)

すぐに、ラーメン屋が立ち並ぶというフロアへ向かいます。

フロアは地下1階と2階で、吹き抜けで展示場が作られています!

さっそく、階段を降って行って見ると。

ジャーン!!
なんじゃ、これは〜!!!

新横浜ラーメン博物館

写真にあるように、地下世界はなんと昭和33年の街並みをモデルに作られ、その中で実際のラーメン屋さんが展開されています。

地下1階と2階で、一つの町を成しています。まずは、ラーメンのご紹介の前に、街並みの見どころをご紹介します。

地下1階 懐かしの昭和の路地が再現

地下1階は歩いて10分もしないぐらいで、1周できてしまう距離です。

細い路地に町が展開されているのですが、その狭く短い距離にはぎっしりと昭和が詰まっていました。

懐かしの駄菓子屋 夕焼け商店

ラーメン博物館なので、ラーメン屋だけと思いきや駄菓子屋があり、ちゃんと営業していました。

そして、中には懐かしの駄菓子や玩具がずらりとならんで、実際に買えます。

駄菓子屋夕焼け商店

買う際のやり取りも面白いです。
30円のお菓子を差し出すとお店のおばちゃんが、

「はい、300万円ね」

と、よく昔駄菓子屋であったやり取りで、返してくれます。

もちろん、お釣りをくれるときも同様に

「1千万円預かって、700万円のお釣りね」

と返してくれます(笑)

ちなみに、私もついつい懐かしく思い、久々に見た「メロンボール」に魅かれて購入してみました!

みなさん知ってますかね?アイスが入っていて、超懐かしいです!!

メロンボール

昭和の銭湯で撮影

タイトル見て、痴漢と思ったかもしれませんね。
痴漢ではありません。変態です。

ではなく!!!

路地に銭湯屋があるのですが、入っていくと撮影用のカキワリがあり、おっさん姿の入浴シーンを撮影でします(笑)
みなさん、記念に撮影している方が多かったです。

銭湯で撮影

さりげないところにも面白さがひそむ

1階フロアの楽しみは、さきほどご紹介した建物だけではありません。ちょっとしたところにも、懐かしさや面白さがひそんでいます。

怪しげな旅館に、懐かしの写真屋さん、電話ボックスなどなど。

新横浜ラーメン博物館 館内

終いに、交番には指名手配者の写真とプロフィールが書いてありました。
『怪盗ナルト仮面』って、書いてありますが何なんでしょうね? もはや、謎です(笑)

指名手配者

地下1F ラーメン店

地下1階の最後の紹介。
もちろん、忘れていませんラーメン屋!

以下、ラーメン店が入っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 北海道札幌 すみれ
    純連、すみれの創業者が後続店として「すみれ」を指名。今までにない「すみれ」がラー博に復活。
  • 支那そばや
    「ラーメンの鬼」「食材の鬼」とも呼ばれる佐野実氏の店。自家製麺、厳選食材ブームの火付け役。
  • 二代目げんこつ屋
    多くのラーメン店に影響を与えた「伝説のお店」が復活!このラーメンが食べられるのはラー博だけ!

参照元:ラーメン博物館公式サイト




地下2階から眺める昭和の空

続いては、いよいよ地下2階に場所を移してみます。

決して広いスペースとは言えませんが、地下なのに空を見上げると青空が広がっています。

そして、その青空の中に、ぐるっと取り巻くように昭和の街並みが軒を連ねています。懐かしい邦画の看板に、パチンコ屋や洋服屋など様々なお店の看板も見受けられます。

見上げれば夕日!

はないですが、『allways 3丁目の夕日』みたいな感じです(笑)

新横浜ラーメン博物館

さて、そんな昭和の世界を体験できる地下2Fですが、中央に目を向けるとマジックショーなどのショースペースになっており、たくさんの人がマジシャンを取り囲みショーを見物しています。また、以下に挙げるようにラーメン店もずらっと並んでいるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

地下2F ラーメン店

  • 龍上海本店
    昭和35年誕生の味 元祖”からみそラーメン”。創業から、はや半世紀。今なお地元から愛され続ける銘店。
  • 利尻ラーメン 味楽
    日本三大昆布「利尻昆布」をふんだんに使った「焼き醤油ラーメン」は旨味が凝縮した極上の一杯です。
  • YUJI RAMEN
    店主は長年アメリカで魚の卸に携わった「魚のプロフェッ ショナル」鮮魚の旨味を引き出すラーメンは、マグロのア ラを強火で白濁させた「ツナコツ」が看板メニューです。
  • 無垢ツヴァイテ
    食にうるさいフランス人やイタリア人をはじめ、ヨーロッパ中の食通がわざわざドイツまで足を運ぶ、ヨーロッパで最も注目を浴びるお店が日本初上陸
  • 琉球新麵 通堂
    沖縄の食材を活かしたあっさりしながらもコクのある塩ラーメン。スープを最後まで飲み干したくなる優しい味わいです。
  • こむらさき
    ラーメンに焙煎ニンニクを初めて入れたお店。一番人気は多彩な具材の「王様ラーメン」。

参照元:ラーメン博物館公式サイト

私が選ぶおすすめラーメン 利尻ラーメン 味楽

さて、ここからは味の好みがあるので絶対とは言いませんが、ぜひ食べてほしいラーメン店をご紹介します!

タイトルにあるように『利尻ラーメン 味楽』はとてもお勧めです。

利尻ラーメン 味楽

利尻というと思い浮かべるのは、利尻昆布ですが、まさにその利尻昆布の旨味を凝縮させたスープが売りとなるラーメンです。

味は醤油ベースで、スタンダードな組み合わせ。けれど、昆布の深い旨味が十分にスープにいきわたり、濃くがあるけれど脂っぽさがなく最後まで、スープが飲める一品です。

さらに、麵は中太ちぢれ麵となっており、スープの旨味を絡めとる工夫がされています。具はチャーシューにメンマ、ネギといったスタンダードな組み合わせですが、それがとてもシンプルでスープの味を壊さない絶妙な取り合わせと言って良いでしょう。

ぜひ、ラーメン博物館にいって、いろいろな店舗があって迷われたら一度、騙されたと思って、ぜひ『利尻ラーメン 味楽』入ってみてください!

私は、スープ全て飲み干して完食しました(笑)

以上、おすすめラーメン店の紹介をしましたが、もちろん他のラーメン店を周ってみるのも良いと思います。

9店舗すべて1日で食べるのは流石に難しいですが、ラーメン半人前メニューがどの店舗にも用意されていますので、味比べしたい方はぜひ、半人前を頼んで味比べしてみるのも楽しいですね。




最後に

新横浜ラーメン博物館の魅力をお伝えしました。
食べるだけではなく、昭和の雰囲気を楽しめるアミューズメントパークとしても、とても楽しいところです。
お子さんを連れてのレジャーや、ちょっと面白デートスポットとしても使えるのではないでしょうか。

ぜひ、東京・横浜方面を訪れた際は、行ってみてくださいね。

それでは、昭和から未来の今に戻ります(笑)

未来

こちらは、ラーメン博物館の地下から戻る時の階段にあります。シュールですね。

新横浜ラーメン博物館
住所:〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目14−21
営業時間:11:00~21:30(日・祝10:30~)
※ラストオーダーは閉館時間の30分前。
休館日:年末年始
公式ホームページ:http://www.raumen.co.jp